屋久島生活の飛光船

--(Time capsule in Yakushima life) ---「Mylogbook:屋久島生活の断片 / 屋久島方丈記 / 屋久島暮らし残照録」の記事を紹介しています

2021年4月19日の「屋久島暮らし残照録・偏見ご免のたわごと編:No.071」の記事です。

東京電力福島第一原発の汚染処理水の処分について、政府は4月13日関係閣僚会議を開いて放射性物質の濃度を国の放出基準より下げたあと海に流す方針を決めたということである。

私はもう処理された水は安全なのだが福島から放出するので福島漁業者が風評被害を懸念しているという風に思っていた。それなら処理水をタンカーに積んで遠く沖に出て放出すればよいのではないかと単純に放出の仕方が課題になっているのだと思っていた。ところが、政府の方針が発表されるといろいろ批判が出ている。私の見た範囲では以下のようだが、まだ海洋放出や流出への懸念は残っているようだし、他の方法の検討余地もあるようである。

いわゆる原発平常運転時の冷却水と違う汚染水を処理した水が今回の放出対象であることが前提である。
・トリチウム以外の放射性物質も処理装置・アルプスで完全に除去されるわけではなくタンク内にヨウ素129などが残留しているという報道もあったが、どんな放射性物質がどのくらい残るのか。また放出反対者はトリチウムを含んだ水を放出すること自体を危険と思っているようだが、人体への影響はどのぐらいか。きちんとしたデータを出して理解できるよう公開あるいは説明されていないようである。
・汚染水を水で薄めても放射性物質の総量が変わらないはずだが、総量がどのくらいになり、それが海洋にどのような影響を及ぼすのか。これもきちんとしたデータを出して理解できるよう公開あるいは説明されていないようである。ドイツのヘルムホルツ海洋研究センターが「放出の日から57日で放射性物質が太平洋の大半の海域に広まり、3年後には米国やカナダまで到達する」と試算し指摘しているようだが、影響がないならこんな試算は必要ないはずで、やはり何か懸念があるのではないかと思われる。
・汚染水をモルタルで固体化するという方法もあるらしいし、3年前近畿大が汚染水からトリチウム水を分離する方法を開発したと発表しているらしいが、他の方法を検討・評価した結果海洋放出が最善の方法だとなった経緯がその理由も含め公開されていないようである。
・非難声明を出している国もある。データや検討経過など疑義を持たれないような情報が公開されていないのかも知れない。

それにしても、東電の見込みでは、トリチウムの濃度を海水で100倍以上薄めて、福島第一原発で汚染されていない地下水を海に放出するときの基準未満にすると、処理水の放出完了に30年程度かかると言われているようである。 そもそも地下水が1日1000トンも流入してそのうち400トンが何らかの程度で汚染され続けているとすると、これからも汚染水の処理は続くと思われるがそれも計算に入っているのかどうか気になる。あるいは放出は際限なく続くのかも知れない。

また、いまの地下水の流入対策状況では施設地下を完全密封出来ていないからあちこちから地下水で薄められた汚染水が地中に漏れ出して海に流れていると考えられ、その対策がなされなければ海洋汚染の懸念は消えないようである。汚染水問題の根本解決にはそういう漏れ出し汚染地下水の海洋流出も防ぐことが必要であり、そのためには建屋全体を取り囲むように地中深くにまで壁をめぐらしたいわゆる地下ダムを建設する以外に方法がないらしいのだが、東電も政府もその課題を避けているらしい。

以上、汚染水処理をめぐる問題がどうなっているか、私がネットで見た記事から理解した状況である。なにしろ何がどうなっていて何をすればどう問題が解決されるのかはっきりと分かりやすく情報が公開されていない印象である。



(関連記事)
屋久島方丈記・偏見ご免のたわごと編:
  No.85  原発についての見方が変わった  (2012.01.09)
  No.97  疑いながら見ている悩ましさ  (2012.04.02)


本ブログは、屋久島移住5年くらいして始めた以下のホームページのにおける「日誌編」や「偏見ご免のたわごと編」の中から、最新記事あるいは最近の出来事で思い出した過去記事と、その関連記事(特にない場合は省略)を紹介しています。
・ 「My logbook:屋久島生活の断片」(2000.05~2010.05)
・ 「My logbook:屋久島方丈記」(2010.06~2020.04)
・ 「My logbook:屋久島暮らし残照録」(2020.04~)

** 「上記サイトのすべての記事」は、下記の「統合サイト」にあります **
・ 「My logbook:屋久島生活の飛光船」( https://mylboflife-last.jp/ )

2021年4月12日の「屋久島暮らし残照録・日誌編:No.070」の記事です。

三ヶ月に一回、屋久島の清掃業者のひとが浄化槽を定期点検が来てくれるのだが、この3月に来てくれたとき、浄化槽の蓋のロックピンが劣化で破損してガタガタになっていると言われた。その隙間から蚊や何かの虫が入って繁殖するということで、殺虫剤を入れてくれたそうである。だがそれがどのくらいの間効果があるかも分からない。また点検の日の夕方浄化槽周りを通ったら臭いがする。破損したピンのためその取付孔との間に出来た隙間から内部の臭気が漏れて来ているのかも知れない。そこで応急処置としてパイプ補修テープを蓋に張り付け孔を塞いだ。他のピンも劣化は進んでおりそのうち破損すると思われる。


 左: 灰色の方が破損し外れた旧いピン、黒い方が2部品になっている新しいピン
                   右: 上がピン交換前の状態、下がピン交換後の状態


そこでピンを交換できないかとそのあとネットで浄化槽の蓋を調べてみたら、わが家の蓋はマークから旧ベスト工業のものだと分かった。浄化槽は25年以上前に設置したものなので、もうその会社はなくなったかあるいはどこかの会社に吸収されたのかと思ったが、そういう情報は出ていなかった。だがその会社の蓋と同じ仕様の蓋を販売している店はあったがそこでその蓋用のピンは見当たらなかった。

そこでピンだけを販売しているところがないか調べたら、ピンは2種類いくつかの店で売られていたがわが家の蓋用ではないので、写真にフック部分が写っている1種が見た感じでわが家のピンのフック部分と形状が似ていたのでダメもとでそれを注文することにした。品物が届いてチェックしたら、蓋の外側の部品と内側の部品からなり蓋のピン孔の外側に付ける部品を内側に付けるフック部品の孔に嵌合させるようになっている。ところが試しに差し込んでみたら入らない。そこで内側のフック部品の穴をドリルで少し広げ、外側部品の差し込み部もバリ取り程度にヤスリをかけ入るようにした。

それから浄化槽の蓋と合わせてみたのだが、旧いピンがもう25年以上も開閉動作を繰り返して来たためか蓋の内側の穴の周りがすり減っていて、新しいピンの内側用フック部品の鍔の径が比較的小さいので蓋裏との当たりがしっかりしない箇所もある。そこで薄いプラスチック板を四角くハサミで切ってその中心辺りに鍔内径くらいの穴をあけワッシャー代わりとした。そして蓋の外側部品を内側のフック部品に挿入するとき塩ビパイプ用接着剤を使い接着させた。それで蓋にロックピンとして取り付けられたわけである。5月には毎年一回、点検とは別に清掃業者のひとが浄化槽清掃に来てくれる。新しいロックピンになって蓋のロックを回すとき今迄みたいに壊さないかと心配しなくてよくなったと感じてくれたらうれしいことである。



(関連記事)
屋久島生活の断片・日誌編:
  No.286  浄化槽点検のこと  (2010.02.01)


本ブログは、屋久島移住5年くらいして始めた以下のホームページのにおける「日誌編」や「偏見ご免のたわごと編」の中から、最新記事あるいは最近の出来事で思い出した過去記事と、その関連記事(特にない場合は省略)を紹介しています。
・ 「My logbook:屋久島生活の断片」(2000.05~2010.05)
・ 「My logbook:屋久島方丈記」(2010.06~2020.04)
・ 「My logbook:屋久島暮らし残照録」(2020.04~)

** 「上記サイトのすべての記事」は、下記の「統合サイト」にあります **
・ 「My logbook:屋久島生活の飛光船」( https://mylboflife-last.jp/ )

2021年4月7日の「屋久島暮らし残照録・日誌編:No.069」の記事です。

今年はスズメバチトラップを3月18日に仕掛け始めた。毎朝状況を確認するのだが初めて掛っていたスズメバチは4月6日の昼に掛かったオオスズメバチ1頭だった。気温が上がって暖かくなって仕掛け始めたとき入れた誘因液が分離しかけて来たので二日前に入れ替え、初めて掛るのはいつかと思って待っていたところで掛かった。やはり毎年最初に掛かるのは大体オオスズメバチのようである。


左: 2Lペットボトルで作ったトラップ      
      右: 体長5cmくらいのオオスズメバチ(下の小さいのは同時に掛かった足長バチ)

(補足): もう一つ今年初めて出た
2021.04.09
昨日4月8日の夜、テレビを見ていたら床に大きなムカデが這っていた。すぐ叩いて殺したのだが、写真のフローリングの模様の幅6cmと比べると長さが分かる。生きて動いているときは節が伸びるのでもっと長く見える。

w210409

(関連記事)
屋久島暮らし残照録・日誌編:
  No.004  今年のスズメバチ_気温上がらず遅い出始め  (2020.04.28)
  No.046  スズメバチトラップ_2020の実績  (2020.12.07)
屋久島方丈記・日誌編:
  No.5  捕獲スズメバチの種類  (2010.06.21)


本ブログは、屋久島移住5年くらいして始めた以下のホームページのにおける「日誌編」や「偏見ご免のたわごと編」の中から、最新記事あるいは最近の出来事で思い出した過去記事と、その関連記事(特にない場合は省略)を紹介しています。
・ 「My logbook:屋久島生活の断片」(2000.05~2010.05)
・ 「My logbook:屋久島方丈記」(2010.06~2020.04)
・ 「My logbook:屋久島暮らし残照録」(2020.04~)

** 「上記サイトのすべての記事」は、下記の「統合サイト」にあります **
・ 「My logbook:屋久島生活の飛光船」( https://mylboflife-last.jp/ )

2021年4月5日の「屋久島暮らし残照録・偏見ご免のたわごと編:No.068」の記事です。

以前買ったハーモニカの楽譜集に「エトピリカ」とか「情熱大陸」という楽譜が出ていたが、テンポがゆっくりした曲でないと初心者としてはついて行けないから手を出せないでいた。エアロフォンを吹くようになったその後はさらに手の指にこわばりがあり吹こうと思うのはテンポのゆっくりした曲が多い。時にはちょっと難しい曲にも挑戦してみるのだが、音痴の自分が知っていて口ずさめるようなメロディーでないとすぐ挫折する。

昨年6月末ころテレビでバイオリンのある曲を聴いて自分はその曲は、「You raise me up」だと思い込んで、その曲を吹けるようになりたいと練習するようになった。そのあと9月ころになってだと思うが、その聴いた曲は「ニュー・シネマ・パラダイスの愛のテーマ」だと分かって、その曲も吹けるようになりたいと練習するようになった。

私はいわゆる音符による楽譜を見てどういう曲かと奏でることは出来ない。音痴だから音符があってもその音符の音が分からない。だからどこかで聞いた曲で何となく一部でも口ずさめるとそれを手掛かりに吹いてそれを全体に広げて行く。そういうやり方で楽譜にふったドレミでキーを押しながら知ったメロディーをなぞるわけである。それで何となく自分で曲に聞こえればよしよしということになる。そしてこの2曲は一応自分で吹けるようになった気になった。

今年2月のある土曜日だったと思うが、テレビの「題名のない音楽会」という番組に葉加瀬太郎が出ていて、その中で「情熱大陸」という曲を着想したときのことみたいなはなしがあって、そこでちょっと曲の出だしをバイオリンで弾いた。それを聴いてハーモニカの楽譜集に「エトピリカ」と「情熱大陸」があったのを思い出した。それで葉加瀬太郎のそれらの曲を吹いてみたいなという気持ちが湧いてきた。

楽譜を見てみたら、「エトピリカ」の方が比較的テンポが遅いしテレビで何かの番組で聴いたこともあり出だしのメロディーは憶えていて口ずさめるので、それからチャレンジすることにした。そして練習を重ねたらゆっくりながら一応自分で吹けるようになった気になった。しかし妻にどうだと聞くと曲を吹いているように聞こえないそうである。ひとには曲と思われないということだが、私は自分が曲を吹いているという気になれるくらいになったらそれでよいのである。

そこで次は「情熱大陸」を吹いてみようとチャレンジし始めたのだが、ゆっくり吹いても少し行くと16分音符の連続的に出て来る部分がうまく行かない。曲の初めの部分はメロディーを口ずさめるのだがその部分は全く自分にはどんなメロディーなのか分からない感じで、分からないから頭の中のメロディーに従いながら楽譜にふったドレミを見てキーを押すことが出来ない。そこで葉加瀬太郎のCDを購入して聴いて憶えればよいかとやってみたがテンポが速くて憶えられない。

最近いままで見ていなかったエアロフォンに付いてきた教本を見たら、初心者の最後の課題が「情熱大陸」だとあった。CDも付いていたので葉加瀬太郎のCDを買わなくてもよかったわけである。そしてその本に初めはゆっくり吹くことから始めよということが書いてあったが、そのCDは私のような対象外者向けの超スローな演奏例は入っていない。

入っていたら出来るようになるのか分からないが、いまのところ私はゆっくり吹いてもメロディーが頭に入っていない部分は音符の音を順次出すだけで曲に聞こえるように吹けない。なんとなく進歩していると感じるのも楽しみの一つなのだがなかなかそう行かず、諦めるかかなり時間がかかっても出来たと思えるようになるまでやるか気持ちが定まらない。そしてなんとなくその気になった日にちょこっとという具合で断続的に吹くことを繰り返している。



(関連記事)
屋久島暮らし残照録・偏見ご免のたわごと編:
  No.033  思い込み_苦しみを乗り越えるためにならこの歌かと  (2020.09.28)
  No.050  エアロフォン・ミニ_他の二つより吹きやすい  (2021.01.04)


本ブログは、屋久島移住5年くらいして始めた以下のホームページのにおける「日誌編」や「偏見ご免のたわごと編」の中から、最新記事あるいは最近の出来事で思い出した過去記事と、その関連記事(特にない場合は省略)を紹介しています。
・ 「My logbook:屋久島生活の断片」(2000.05~2010.05)
・ 「My logbook:屋久島方丈記」(2010.06~2020.04)
・ 「My logbook:屋久島暮らし残照録」(2020.04~)

** 「上記サイトのすべての記事」は、下記の「統合サイト」にあります **
・ 「My logbook:屋久島生活の飛光船」( https://mylboflife-last.jp/ )

2021年3月30日の「屋久島暮らし残照録・偏見ご免のたわごと編:No.067」の記事です。

ホームページとブログをやっている。閲覧者はそんなに多くない。それでも趣味だからサイトマップをGoogleSearchConsoleとBingWebmasterToolに毎回更新時送信することにして何年かたった。
今回ホームページのリニューアルをしたので、まずGoogleSearchConsoleで旧サイトを削除し統合したサイトに各ディレクトリごとに分けた5個のサイトマップを送信した。ブログは従来通りなのでそのまま更新したサイトマップを再送信した。

そうしたらBingWebmasterToolでは、ブログのサイトマップは何度再送信してもエラーになる。それで嫌になってその理由も調べずホームページをリニューアルしたことだしとブログも新しくすることにした。そして旧ブログの内容を新ブログに引っ越してから、新ブログ(このブログ)をサイト登録しサイトマップを送信したのだが、BingWebmasterToolではやはりエラーになってしまう。趣味的にGoogleとBingに登録しているのだが、Bingについてはブログの方だけサイトマップが送信できないようである。実害はないのだが趣味的にはなんとか解決してすっきりしたかたちにして満足したい。

そこでブログのサービス提供元に、GoogleSearchConsoleではサイトマップ送信は成功しているのに、BingWebmasterToolではサイトマップにアクセス出来ず503のエラーになるのはどうしてなのかと問い合わせた。そしてその回答によれば、現在Bingのクローラー(Bingbot)のアクセスが多くてサーバーが高負荷状態なので一時的にBingbotを弾く処理をしているということで、大量アクセスが改善されたらBingbotからアクセス出来るようにするということのようである。どうもBingのクロールのやり方に問題がありそうである。

そのあと、ネットでBingの問題を論じている記事はないかと調べていたら、Bingbotはクロールが頻繁すぎるとかローカルタイム設定の処理がうまく行ってなさそうとかいろいろ問題があるようなことを書いている記事がいくつかあった。もしかしたらブログのサービス提供元も日本時間で閲覧のアクセスが多い時間帯にBingbotが頻繁にアクセスして来るのに悩まされているのかも知れない。



(関連記事)
屋久島暮らし残照録・偏見ご免のたわごと編:
  No.005  常時SSL化_自分のサイトの場合  (2020.05.04)
  No.064  「My logbook:屋久島生活の飛光船」_4サイトを統合  (2021.03.17)


本ブログは、屋久島移住5年くらいして始めた以下のホームページのにおける「日誌編」や「偏見ご免のたわごと編」の中から、最新記事あるいは最近の出来事で思い出した過去記事と、その関連記事(特にない場合は省略)を紹介しています。
・ 「My logbook:屋久島生活の断片」(2000.05~2010.05)
・ 「My logbook:屋久島方丈記」(2010.06~2020.04)
・ 「My logbook:屋久島暮らし残照録」(2020.04~)

** 「上記サイトのすべての記事」は、下記の「統合サイト」にあります **
・ 「My logbook:屋久島生活の飛光船」( https://mylboflife-last.jp/ )

2021年3月29日の「屋久島暮らし残照録・日誌編:No.066」の記事です。

2月中旬寒気到来でわが家の朝の外気温が5.7℃とか6.1℃とかになる日があった。日中も10℃にいかない日があった日の夕刻、入浴し終わった妻が言うには浴室のガラス戸の縁からの隙間風で寒かったということである。

わが家は平面的には矩形の家なのだが地盤沈下で特に四隅が沈み込んでいて、いままでも雨戸やガラス戸の縁や畳敷きの和室の障子の引き戸と柱の間に隙間が出来て、寝ていたり何かしていたりするときにそこから入り込んでくる隙間風を寒く感じることがあった。そこで障子のある和室についてはその隙間を隠すように木材を柱に取り付けて対策をした。その後、風は防げても室内から見えてしまう側の障子の縁の隙間を隠し見栄えの改善もして来た。



左(四角・上/下):ガラス戸端の隙間
                     右(縦長・左/右):ガラス戸端(内/外)に隙間風対策テープ   

妻から指摘があった浴室はガラスの引き戸だが、今回強風が吹いていたこともあって冷たい風が隙間から吹き込んだようである。いままでは隙間風があっても短時間なのでちょっと我慢して過ごせていたのだが、今回の冷たい強風はなんとかしなければというレベルだったようである。そこでこの際、程度の差は考慮せず隙間が出来ていて外気が吹き込みそうな家外周の引き戸のガラス戸や雨戸の縁の全ヶ所を対策してみようという気になった。

ネットで引き戸の隙間風対策について調べてみたら、わが家の場合サッシ戸については隙間対策テープを隙間を隠すように枠側にとりつけるしかないようだった。テープの片側を枠に貼りはみ出た部分が隙間を隠すのだが、戸の開け閉めをするので戸とテープは密着させられないから効果は風の勢いを弱める風除けということのようである。

そしてテープを購入し貼り付けたのだが、なんとなく一重では効果に不安がある。そこで出来るところは外側と内側に張り付けた。雨戸部分については内側のガラス戸についても隙間対策テープを施した。浴室について言えばそれまで湯気がこもらなかったのだが隙間風対策テープを取り付けたら湯気がこもるようになった。また2月26日から28日にかけて二つの低気圧通過でかなり強風が吹いた時間もあったが雨戸が揺れる音はしても室内で風を感じることはなかったから隙間風対策テープの効果はあるようである。

ところでテープの説明書によれば隙間最大30mmまでに使用で出来るとあった。わが家では一ヶ所そこまでではないがかなり大きい隙間があって、私はそれは異常な大きさの隙間だと思っていたのだが、テープの説明書からは日本家屋に限るのかどうか知らないが30mmにいかないそのくらいの隙間は普通にあると言っている感じがした。そのくらいの隙間に悩む私は普通ではないのかとちょっと気になっている。



(関連記事)
屋久島方丈記・日誌編:
  No.332  障子の隙間風対策_むかしから日本家屋の課題か  (2016.02.29)


本ブログは、屋久島移住5年くらいして始めた以下のホームページのにおける「日誌編」や「偏見ご免のたわごと編」の中から、最新記事あるいは最近の出来事で思い出した過去記事と、その関連記事(特にない場合は省略)を紹介しています。
・ 「My logbook:屋久島生活の断片」(2000.05~2010.05)
・ 「My logbook:屋久島方丈記」(2010.06~2020.04)
・ 「My logbook:屋久島暮らし残照録」(2020.04~)

** 「上記サイトのすべての記事」は、下記の「統合サイト」にあります **
・ 「My logbook:屋久島生活の飛光船」( https://mylboflife-last.jp/ )

↑このページのトップヘ